FC2ブログ

I'm mommy!

家族と手作り石けんのこと
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 温度管理TOP手作り石けん ≫ 温度管理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

温度管理

石けんは冬場の温度管理が難しいと耳にしていましたが、

今までは冬に石けんを作ったことがほとんどなく・・・・


この冬の石けん作りは、マミィにとってはチャレンジとなりました

先日頼まれて作った、カレンデュラの石けん。


肌の荒れやすい人用に、

お肌の修復作用が強いカレンデュラを入れた石けんにしたくて、

カレンデュラハーブをオイルに漬け込んだものを使い、

おまけにカレンデュラチンキを投入。

見よう見まねで、カレンデュラのドライハーブも飾ってみました(^^)


  カットしたらどんな感じになるかな・・・^^
121206_222750.jpg


一応、保温には気を使い、電気毛布で暖かくした保温箱の中に入れたのですが、

一日経って見てみたら、こんな感じにまだら模様。

あちゃー やってしまった!

121206_222735.jpg

上も白くなってます(涙)

121206_222654.jpg


途中の保温はよかったらしく、ジェル化した感じの透明感のある部分もあるのですが、

白くなった部分は急に温度が低くなったのかと思われる・・・


アクリルモールドは、もしかしたら温度管理が難しいのかな...


と思って、いろいろ調べた結果、

型入れする前に、アクリルモールド自体を温めておかないと、

モールドに入れた瞬間に冷えてしまって、ダメなことがわかりました。

木箱やシリコンモールドは、その点、急には冷えないようなので大丈夫そう。


うーん。

次回やる時は、石けんタネの温度をキープし、

器具も温め、

モールドも温め、

保温箱も温め、

温め作戦でいくぞー!


北国での石鹸作りは、大変なことがよくわかりました^^

(石けん作りが北より南の方で盛んなのはやっぱりそのせいかなー??)


ちなみに、カレンデュラ石けんは

それから2日、あったかーい保温箱のなかでさらに寝かせてみました。

そうしたら、白い部分は少し薄くなりました。

白い部分は、苛性ソーダと油の反応があまり進んでいない可能性が高いようです。

あと、石けんの表面に白い粉をふいたようになる時は、

反応せずに残っている苛性ソーダの成分が、炭酸ソーダに変わっているのだそうで、

それもまた鹸化が進む前に冷えてしまった時に起こりやすいのかな、と。


失敗して、わかったこともいっぱいありました。

(また後でちゃんとまとめておこう)


カレンデュラソープはしっかり熟成時間を長くとって、様子をみることにします~


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。